出版 について

 ようやく書き上げた原稿を抱え、出版社の門を叩くも門前払い。かろうじて迎え入れてくれたとしても、担当者に赤を入れられ、書き直して、再提出を繰り返し。ひと昔前までは狭き門だった出版までの道も、現代では自費出版という手段ができ、個人が自由に表現できる道ができました。

自費出版

 自費出版であっても、書店流通する形であれば商業出版と同様に著作権者と出版権者が発生します。基本的には作品を創作した作者が著作権者となり、印税を受け取る権利が発生します。出版権については、依頼した出版社に設定されるので、出版契約の存続期間中は出版した作品を他の出版社から出版することは出来ません。
出版契約の途中で出版権を有する出版社であっても著作権を持っている作者に対して、無断で増刷や内容の改ざん、定価の改定をすることは出来ません。また、本が売れ残った場合は、出版社によって扱いが異なりますが、基本的には契約終了時に延長を希望するかしないかの確認を行います。書店流通をせず私家版として自費出版した場合にも、著作権は作者になりますが、作品に関する出版権は設定されません。

権利

 自費出版で制作した書籍に、他人の著作権を侵害する内容があった場合、相手に訴訟を起こされたり、発行停止の訴えを起こされる危険があります。
その為、自費出版をする上で著作物の権利に関する知識は、ある程度知っておかなければなりません。
 基本的な知識としてですが、自費出版であっても他人の創作物を勝手に書籍に掲載してはいけません。例として、他人のブログや企業の公式サイトから、テキストや画像等を無断転載すれば、それは一部であったとしても、権利侵害となりますので注意が必要です。しかし、内容を補足するための引用として認められるものであればその限りではありませんが引用先を明記する必要があります。

流通

 本の流通には、著者とともに書籍や雑誌を作る出版社と出版社が作った本を書店に供給する取次店、そして取次店から仕入れた書籍を販売する書店が関わっています。取次店は本専門の卸業者で、出版物を書店に卸すことを専門に行っています。日本には20社ほど存在しており、出版の流通を担っています。
 出版社は書店への流通から売上代金の回収までを取次店に委託し、書店は出版物の定価売上の一定割合を取次店に支払うようになります。
しかし、今ではアマゾンなどのネット書店での販売の比重が大きくなり、取次店を通さないルートでの販売も多くなっています。

お問い合わせ

PAGE TOP