製本 について

 製本とは、印刷した刷本の ‘‘ 折丁(おりちょう) ’’をページ順にまとめ、それぞれを接着剤で接合したり、針金で綴じたりしたものをいいます。出版物の製本様式には、中綴じ/平綴じ/かがり綴じ/無線綴じ/上製本などがあります。

中綴じ製本

 用紙を束状にして、半分に折り曲げた中央部にホッチキスや針金状のステッチで止めた状態を中綴じと呼びます。このことから冊子制作業界では「中綴じ冊子」と呼んでいます。パンフレットやフロアガイドなど、それほど厚みのない冊子におすすめの綴じ方です。

無線綴じ製本

 無線綴じとは、表紙と本文(中身)がそれぞれ分かれており、表紙と各本文とを糊付けした状態を意味します。本の背の部分にのりを付け、表紙に貼り付けることで綴じたタイプの冊子。強度が高いためページ数の多い冊子に向いており、文庫本や雑誌などに用いられる綴じ方です。表紙に背文字を入れる事が可能です。

上製本

 ハードカバーとも呼ばれ、硬いカバーの表紙に覆われた高級感のある本・製本のことです。現在主流の製本方法で背の部分が空洞になっているためページが開きやすくなっています。子供の絵本、百科事典、専門図鑑などで用いられる綴じ方です。

背文字とは

 無線綴じなど背の部分に平たい面のある冊子のその部分に入る冊子名や作者・著者名どの文字のことを言います。
※中綴じでは背の部分が平らにならないので文字が入りません。

右綴じ(右開き)

 表紙から見て右部分に綴じ位置がくる綴じ方で、右開きとも言われます。小説、漫画など”縦書き”の書籍はこの右綴じが一般的です。

左綴じ(左開き)

 表紙から見て左部分に綴じ位置がくる綴じ方で、左開きとも言われます。カタログ、パンフレット、マニュアル本(取扱説明書)など”横書き”の書籍はこの左綴じが一般的です。

※一般的に、文字の流れに沿う形となりますので、横書きの書籍は左綴じ、縦書きの書籍は右綴じ製本となっております。

冊子本のサイズ

A4判縦297㎜×横210㎜教材テキスト、報告書、研究論文や写真集などに使われる比較的大きなサイズ。
B5判縦257mm×横182mmA4判に近いサイズで、週刊誌大の大きさ。
A6判縦148mm×横105mm文庫本のサイズでポケットにも入る小型本サイズ。
四六判縦188mm×横127mm単行本のサイズで、出版物で一番多いサイズ。

お問い合わせ

PAGE TOP